鳥類学講座|第19回(2019年3月2日)のご案内

白樺峠で見るタカの渡りと周辺の野鳥

第19回鳥類学講座は、「信州ワシタカ類渡り調査研究グループ」の久野公啓さんに「白樺峠で見るタカ類の渡りと周辺の野鳥」について語っていただきます。

久野さんは白樺峠の渡り調査の中心メンバーとして長年活躍され「タカの渡りを楽しむ本(文一総合出版)」を出版されるなど、タカの渡り研究の第一人者です。

また、希少猛禽類であるハチクマの研究も多年にわたり続けられておりNHKの番組「ダーウィンが来た 第118回目撃! タカ対スズメバチ」の回に協力されて多くの画像や動画を提供されています。

今回は白樺峠でのカウント調査からみえてきたタカ類の動向を解説して頂くと同時に、ハチクマの生態を捉えた最新映像や、白樺峠で観察されるさまざまな生き物についても語っていただきます

開催要領

チェックポイント

開催日:
3月2日(土)13:00~16:00
場所:
西宮市立甲子園浜自然環境センター 西宮市枝川町19番10号浜甲子園運動公園内
申込み:
不要
参加費:
1,000円(高校生以下無料)資料代として当日徴収します
備考:
講演会終了後演者を交えて有志による懇親会を予定しています。
 

担当

日本野鳥の会大阪支部

inserted by FC2 system