くろんど園地定例探鳥会の報告:平成29年(2017年)度

2017/5/27(土)/天候:晴/参加者29名/観察種数24種/鳥合わせ

写真の説明。左から

行きに皆さんと一緒に見たコゲラ、帰りも巣穴掘りが続いていました。ここ数年、ナラ枯れのコナラが多いので、コゲラの繁殖適地が増えているように思います。(以降全て撮影:平さん)

私市駅前の商店テントで子育て中(咥えたエサでのどが膨らんでいます)下:乾燥した土を集めているのでしょうか、1~2分ごとに何回も来ていました。

コメント

快晴のさわやかな一日でした。

オオルリが一か所でかろうじて見え、キビタキは八ケ所で囀っていましたが姿は確認できませんでした。

途中シジュウカラが電柱の角パイプから顔を出していました。営巣中だと思います。

園地のあちこちでホトトギスが鳴いて飛び回っていましたが、姿は見えなかったです。

園地の方がサンコウチョウがいると教えていただきましたが、いた場所を探しましたが駄目でした。

帰り道すいれん池で休憩中コゲラの声がしていたところ、会員の方が雛が落ちているを見つけられました。しばらくするとトイレの木の外壁に垂直にしがみつきました。多分コゲラの声は親が子を呼んでいるとの事。何もせずその場を離れました。

快晴のさわやかな一日でした。

参加リーダー:友田・神戸・斉藤・平

inserted by FC2 system