能勢定例探鳥会の報告:平成24年度上半期

平成24年9月16日(日)

天候 晴れ

17名

観察種数:25種

  • 台風の影響で湿気と暑さがひどく、しんどい探鳥会となりましたが、強い南風のために逆方向へ流されていくサシバ、若いスズメの大群、ツバメ3種、セキレイ3種が出てくれました。
  • 番外はまだまだ元気なツクツクホウシ、ミンミンゼミ。
  • 参加リーダー:大澤(克)、坂本、福田、大谷、原(報告)

平成24年7月15日(日)

天候 雨

 名

観察種数:種

  • 午前8時現在で大雨警報が出ていたため中止と判断しました。

平成24年6月17日(日)

天候 曇りのち晴れ

 10名

観察種数:21種

  • 早朝まで降っていた雨はやんだものの、崖崩れのおそれがあるため通常コースを変更して集落内を散策。
  • 深い森に囲まれた古い神社でキビタキの歌声に耳を傾け、飛翔するホトトギスをしっかりと観察しました。
  • 参加リ−ダー:坂本、小泉、福田、大谷、原

平成24年5月20日(日)

天候 曇り

 26名

観察種数:31種

  • サンショウクイとサンコウチョウを加え、初谷の夏鳥が勢揃いしました。
  • 児童4名の参加により、先月に引き続いて平均年齢が大幅に下がって、なんとなく浮き浮き気分。曇りのおかげで汗ばむこともなくじっくり鳥見を楽しめました。
  • 参加リーダー:大澤(克)、坂本、小泉、福田、大谷、原

平成24年4月15日(日)

天候 晴れのち曇り

 15名

観察種数:30種

  • 春らしい穏やかさに様々なさえずりが響き渡る。
  • じっくりと姿を見せてくれたコマドリ・ヤブサメ、さかんに歌うオオルリなどの夏鳥と、幼鳥を連れたセグロセキレイ、・ハクセキレイ・ヤマガラの可愛さに歓声が上がりました。
  • 参加リーダー:坂本、小泉、福田、大谷、原
inserted by FC2 system