緑の文化園定例探鳥会の報告:平成30年(2018年)度

2019/3/16(土)/天候:曇り/参加者22名/観察種数37種/鳥合わせ

 

コメント

春雷が轟き雪も残っていたが無事スタート。

野球場を歩くツグミの中にハチジョウツグミが混じり、色もかなり赤く一同熱心に観察した。

池のカモ類は少数だが6種類見られた。

午後は婚姻色のアオサギやリスがオオバヤシャブシの実を食む姿に和み、帰りの芦原ではベニマシコ♀がはっきりと確認できた。

 

参加リーダー:斉藤、幅、奥田、長者原、日比野(報告)

 

2019/2/16(土)/天候:晴れ/参加者34名/観察種数36種/鳥合わせ

写真は小野款司さんが撮影 

 

コメント

今期はマヒワがなかなか見られないので今日は是非ともと、参加者からの要請があった。

このフィールドは毎年観察されているとリーダーからの案内通り何ヵ所かでマヒワが観察され、

さながらマヒワデイになり、参加者一同大満足の探鳥会となった。。

 

参加リーダー:斉藤、幅、奥田、長者原

 

2019/1/19(土)/天候:晴れ/参加者38名/観察種数45種/鳥合わせ

写真は小野款司さんが撮影 

 

コメント

過去最多級の参加者をアオゲラが迎えてくれた新年の探鳥会。

山道では複数のルリビタキに、室池では珍しいハシビロガモの群れに歓声が。

午後からはタカ類が舞い、コジュケイが一声、早い春を告げた。

例年見られるマヒワは期待はずれに終わったが、45種も現れ賑やかな探鳥会になった。

 

参加リーダー:斉藤、幅、奥田、長者原、日比野(報告)

 

2018/12/15(土)/天候:曇り/参加者25名/観察種数37種/鳥合わせ

写真は日比野リーダーが撮影 

 

コメント

気温4度の集合場所で早くもシメやイカルなど数種を観察。

ルリビタキやアカゲラの声に期待が高まる。

昼食時にウソと初のバンに歓声が沸いた。

午後にもハイタカやマヒワの群れが飛び、最後にアトリも沢山見られ、冬らしい探鳥会となった。。

 

参加リーダー:斉藤、幅、奥田、長者原、日比野(報告)

 

2018/11/17(土)/天候:晴れ/参加者23名/観察種数34種/鳥合わせ

 

コメント

天気予報が良い方に外れ、秋晴れの中でのスタートとなった。

ヤマドリの情報があり、このフィールドでは10年ぶりとあって、一部コースを変更して探したが見つからず。

コース終盤にカワセミ、チョウゲンボウが現れ、じっくりと観察できた。

穏やかな天候と相まって楽しい探鳥会となった。

 

参加リーダー:斉藤、幅、奥田、長者原

 

2018/10/20(土)/天候:晴れ/参加者18名/観察種数32種/鳥合わせ

写真は参加者の小野さんが撮影 

 

コメント

探鳥開始とともに雨が上がり明るくなったことが鳥に夜明けを思わせたのだろうか、多くの小鳥やチョウゲンボウ、ハヤブサまで現れた。

リーダーの解説通りにオオムシクイが鳴いてくれたり、昼食時にはアオゲラが見やすい枝に。

むろ池には冬羽のオシドリの群れも飛翔。32種と多彩な鳥が見られた。

 

参加リーダー:斉藤、幅、日比野(報告)

 

2018/9/15(土)/天候:曇り/参加者-名/観察種数-種/鳥合わせ

 

コメント

台風の影響で閉園のため中止

 

参加リーダー:斉藤、幅

 

2018/7/21(土)/天候:晴れ/参加者7名/観察種数21種/鳥合わせ

写真は日比野リーダーが撮影 

 

コメント

平地より2~3℃涼しい文化園。

暑さのせいか、子育てが一段落したためか、ホトトギスやキビタキの囀りはすっかり影を潜めていた。

代わりにこれらの地鳴きが珍しく聞かれた。また、キビタキやシジュウカラの親子連れも見られた。夏には夏の楽しみがあるようだ。

本日は清掃探鳥会。山道とは対照的に車道のゴミの多さが目立った。

短時間だが美化に協力することができた。

 

参加リーダー:斉藤、幅、日比野(報告)

 

2018/6/16(土)/天候:晴れ/参加者28名/観察種数26種/鳥合わせ

写真は参加者の小野さんが撮影 

 

コメント

雨後の涼しい朝、ホトトギスの声は少ない。

ツバメなどの幼鳥が随所に現れ、親鳥から餌をもらう姿も微笑ましい。

静かな池には抱卵中らしきカイツブリがいて一同盛り上がった。

帰りの水場でキビタキの水浴びと毛繕いが眼を楽しませた。

 

参加リーダー:斉藤、幅、日比野(報告)

 

2018/5/19(土)/天候:曇り/参加者16名/観察種数30種/鳥合わせ

 

コメント

4月に戻ったかのような肌寒い中、夏鳥のホトトギスやセンダイムシクイが至る所でさえずる。

池の鳥は少なく、カイツブリが餌をせっせと運ぶ。

日が射して来るとソウシチョウが声高に鳴き出した。

キビタキが見やすい場所に現れ盛り上がった。

 

参加リーダー:斉藤、幅、日比野

2018/4/21(土)/天候:晴/参加者16名/観察種数34種/鳥合わせ

 

コメント

初夏の光の中、若葉が眩しく風も爽やか。

キビタキ、センダイムシクイ、ウグイス、メジロと、あちこちでコーラスが響く。

水鳥達も旅立ちを告げる為なのか、水面にゆったりと出てきてくれている。

季節が巡り、再び帰ってくるようにと願いながら、湿性花園へと向かった。

 

参加リーダー:斉藤、幅

inserted by FC2 system