山田池公園定例探鳥会の報告:2016年度

平成29年3月12日(日)

天候:快晴

26名

観察種数:45種

  • 開始時はやや冷え込んだが、日中は風も弱まり暖かな天気となった。
  • 全体に小鳥の数は少な目だが、午後からのコースで冬の間見かけなかったヒクイナが出現した。
  • 高空を飛ぶハイタカ観察中に交差するように飛ぶツバメの姿も見られた。
  • 参加リーダー::浅井、伊東、稲森、堤、南、森山

平成29年2月12日(日)

天候:晴れ一時雪

35名

観察種数:45種

  • 時折雪のちらつく寒い日だったが、風が弱く当初の予報よりも穏やかな天気に恵まれた。早々にオオタカ若鳥の止まりを確認。
  • その後もミサゴ、ハイタカ、一部の人がノスリと盛り上がるが、猛禽が多いせいかオシドリを初めとするカモ類の数は少ない。
  • 盛んに飛び回るエナガやシジュウカラのさえずりを聞きながら歩く内にカワセミの止まりも確認。
  • 山田池では久しぶりになるイカルの群れやシメ、ツグミ、シロハラなど小鳥は多い。梅の咲き始めなのでコースを変えて梅林にて昼食。
  • 午後からのコースは葦がかなり切られていて鳥が少なく少し間延びしてしまったが、最後はオオタカ成鳥♂♀の止まりを全員で確認してお開きとなった。
  • 参加リーダー::浅井、伊東、稲森、堤、南、森山

平成29年1月8日(日)

天候:雨

6名

観察種数:46種

  • 開始前から雨が降り始めた。午前中は本降りにならないとの予報で、昼までと言う事でスタート。
  • お約束のオシドリ、オオタカに加え、久しぶりに入ったトモエガモ、ハジロカイツブリなどを楽しんだ。
  • 先月はチラリとしか見られなかったオジロビタキやルリビタキもたっぷりと堪能。
  • 雨で観察者やカメラマンが少ないせいか鳥が皆生き生きとして見えた。
  • 昼前から予報通り雨脚が強まり、午前中で終了したが短時間で充実した探鳥が出来た。
  • 参加リーダー:伊東、堤、森山

平成28年12月11日(日)

天候:晴れ

26名

観察種数:45種

  • 暖かかった数日前から一転して冷え込みを感じる季節になった。
  • 開始前から上空をミサゴやチョウゲンボウが飛び交い、猛禽日和になりそうな予感。
  • 池ではカワセミ、マガモ、ハシビロガモ、カンムリカイツブリなど水鳥を中心に観察できたが、オオタカが睨みをきかせている為かオシドリが全く姿を現さない。
  • 紅葉の中のキセキレイやカラ類も楽しめた。山田池初記録となるオジロビタキは数人がチラリと見られただけ。
  • 昼からはオシドリもしっかりと確認出来、オオタカ2羽の止まりも満喫。最初から最後まで充実した探鳥会となった。
  • 参加リーダー:浅井、伊東、稲森、堤、森山

平成28年11月13日(日)

天候:晴れ

19名

観察種数:42種

写真はクリックすると拡大して見れます。

  • 風も無く穏やかな青空が広がる小春日和。
  • オシドリを初めとするカモ類、ハイタカ、オオタカなど猛禽類、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、アオジなど
  • 冬の鳥が出そろい久しぶりに40種を超える鳥が見られた。
  • 参加リーダー::稲森、堤、南、森山

平成28年10月9日(日)

天候:曇り

16名

観察種数:29種

写真はクリックすると拡大して見れます。

  • 早朝まで雨が残ったが、開始時には上がり、涼しく歩きやすい一日となった。
  • ハシビロガモ、コガモなど冬鳥や渡り途中のコサメビタキなどが見られた。
  • 参加リーダー::浅井、伊藤、堤、森山

平成28年9月11日(日)

天候:晴れ

11名

観察種数:30種

写真はクリックすると拡大して見れます。

  • 朝夕は随分と涼しくなってきたが、日中は風がなく蒸し暑い一日。
  • 全体に鳥の姿は少な目だが、渡り途中のオオルリ若鳥、コサメビタキなどが観察できた。
  • 参加リーダー::浅井、堤、南、森山

平成28年7月10日(日)

天候:曇り

12名

観察種数:20種

  • 風が無く蒸し暑い中での清掃探鳥会となった。
  • 個体数カウントはせず、ほとんど肉眼での観察だったが、カイツブリやカワウの幼鳥が見られた。
  • 参加リーダー::浅井、伊東、堤、森山

平成28年6月12日(日)

天候:曇り

16名

観察種数:27種

  • 湿度が高く蒸し暑い一日。種数は少な目だが、子育て中の鳥が多く、親から餌を貰う幼鳥が見られた。チュウサギ1羽が久しぶりに見られた他キビタキの地鳴きも聞かれた。
  • 参加リーダー:伊東、堤、森山

平成28年5月8日(日)

天候:晴れ

27名

観察種数:29種

写真はクリックすると拡大して見れます。

  • ゴールデンウイーク最終日、天候にも恵まれ渡りの鳥を期待しましたが、ムシクイは声だけ、キビタキは一部の人しか見ておらず残念な結果になりました。
  • それでもオオヨシキリが複数渡ってきており大きな口で囀って参加者を楽しませてくれました。
  • 参加リーダー::浅井、斉藤、伊東、南

平成28年4月10日(日)

天候:曇り

22名

観察種数:41種

  • 朝は少し肌寒いくらいでしたが、昼からは暑いくらいになりました。
  • カモやツグミは少なくなりましたがニュウナイスズメの群れに遭遇できました。アオサギの婚姻色もキレイでした。
  • 参加リーダー::浅井、斉藤、伊東
inserted by FC2 system