「錦織公園」定例探鳥会のお誘い

大阪府営錦織(にしこおり)公園は、羽曳野丘陵の南端にあり、丘陵の地形がそのまま生かされた公園です。
森林や草地、せせらぎや溜め池など、「里山」の環境が豊かに残されており、数多くの生き物が生息しています。
公園内で身近な鳥が繁殖しているほか、その鳥たちを狙う猛禽類もよく姿を見せます。

錦織公園定例探鳥会(9月)のお誘い 印刷用

お彼岸に入り、朝夕はしのぎやすくなりました。

あちらこちらでタカの渡りが最盛期を迎え、公園の近くの田畑ではモズが高鳴きをしながらなわばり争いを始めています。

昨年は気流が良かったので、次から次へと川の流れの様にタカの渡りを観察できハチクマとサシバの合計が250羽以上、ノスリが20羽以上を確認、しかも50羽を超える大きなタカ柱を2度も観察できました。

留鳥以外にはコサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキ、キビタキ、等ヒタキ類を沢山観察しました。

今年はどんな鳥が姿を見せてくれるでしょうか。今年もタカの渡りも探してみましょう。きっと上空を通過するはずです。

9月の第四日曜日、しばしの涼を求めて、錦織公園にぜひおいで下さい。ご参加お待ちいたしております。

◎ 解散は14時半頃の予定ですのでお弁当をご持参ください。

「錦織公園」
定例探鳥会(第4日曜)

担当ボランティア

担当:
錦織公園定例探鳥会リーダー 一同

2018年度案内

2017年度案内

2016年度案内

探鳥会報告・記録

inserted by FC2 system