淀川定例探鳥会のお誘い

淀川の探鳥コース

淀川は 宇治川、木津川、桂川の三川が合流した川で大阪市内を通り大阪湾に注ぎます。

1400万人の人々が淀川の水で命をつないでいます。

地下鉄天六駅から毛馬の淀川大堰にでます。ここより上流の城北公園へ向かうースと、下流部の中津方面へ向かうコーカがあります。

この他シギチドリの季節は長柄橋を渡り対岸の右岸へ、柴島干潟から十三干潟に向かうコースがあります。

コース:河川敷・高低差:ほとんど平坦・トイレ:あり・弁当:不要

写真はクリックすると拡大して見ることができます。

淀川定例探鳥会(10月)のお誘い 印刷用

日中の気温も下がり、屋外での行動がとりやすくなりました。野鳥観察もこれからが良い時期に入ります。

10月の淀川下流では、南へ移動中のヒタキ類・ムシクイ類が観られ、特にノビタキがアシ原に止まる姿が観られると思います。

また、先月確認しましたモズの「高鳴き」も今月から多く聴こえてきます。樹などのてっぺんで囀る姿を観察しましょう。

淀川の水面では、北から越冬の為カモ類が渡ってきて、その姿が観られ始めます。

今の時期のオスの姿は非繁殖羽の「エクリプス」状態でメスと似ていますが少~し違います。短期間のみ観られる姿をよく観察しましょう。

ほぼ平坦な道を歩き、午前中で終了する探鳥会です。初心者でも安心して参加できますので、皆様のご参加をお待ちしています。

淀川定例探鳥会リーダー 一同

毛馬の淀川大堰 (淀川にも堰があります。)

淀川定例探鳥会
(第3日曜)

探鳥会報告・記録

2018年度案内(WEBサイト)

2017年度案内(WEBサイト)

2016年度案内(WEBサイト)

2018年度案内(印刷用)

2017年度案内(印刷用)

2016年度案内(印刷用)

inserted by FC2 system inserted by FC2 system p