淀川定例探鳥会のお誘い

淀川の探鳥コース

淀川は 宇治川、木津川、桂川の三川が合流した川で大阪市内を通り大阪湾に注ぎます。

1400万人の人々が淀川の水で命をつないでいます。

地下鉄天六駅から毛馬の淀川大堰にでます。ここより上流の城北公園へ向かうースと、下流部の中津方面へ向かうコーカがあります。

この他シギチドリの季節は長柄橋を渡り対岸の右岸へ、柴島干潟から十三干潟に向かうコースがあります。

コース:河川敷・高低差:ほとんど平坦・トイレ:あり・弁当:不要

写真はクリックすると拡大して見ることができます。

淀川定例探鳥会(2月)のお誘い 印刷用

まだまだ気温の低い日が続き、更に淀川では風を遮るものが殆ど無い為、寒風が吹く中での探鳥となります。防寒対策を万全に、真冬の観察を楽しみましょう。

さて2月の淀川下流では、水面に群れているヒドリガモ・ホシハジロ等のカモ類の他、川に架かる橋の上や上空を飛んでいるカモメ類が観察出来ます。

種や年齢で羽色・模様等に違いが有ります、よく観てみましょう。

また河岸のアシ原・樹木では、ジョウビタキ・ツグミ等の冬の小鳥達が観られ、特にツグミは木の上に餌となる木の実が無くなり、地上で餌を探す姿が観られ始めます。

運が良ければオオジュリン・ベニマシコ等の小鳥類やチョウゲンボウ等の猛禽類が出現するかもしれません。

ほぼ平坦な道を歩き、午前中で終了する探鳥会です。初心者でも安心して参加できますので、皆様のご参加をお待ちしています。

なお、低気温・寒風のなかでの探鳥会になると思われます。防寒対策を整えてご参加ください。

淀川定例探鳥会リーダー 一同

毛馬の淀川大堰 (淀川にも堰があります。)

淀川定例探鳥会
(第3日曜)

探鳥会報告・記録

2018年度案内(WEBサイト)

2017年度案内(WEBサイト)

2016年度案内(WEBサイト)

2018年度案内(印刷用)

2017年度案内(印刷用)

2016年度案内(印刷用)

inserted by FC2 system inserted by FC2 system p