淀川定例探鳥会のお誘い

淀川の探鳥コース

淀川は 宇治川、木津川、桂川の三川が合流した川で大阪市内を通り大阪湾に注ぎます。

1400万人の人々が淀川の水で命をつないでいます。

地下鉄天六駅から毛馬の淀川大堰にでます。ここより上流の城北公園へ向かうースと、下流部の中津方面へ向かうコーカがあります。

この他シギチドリの季節は長柄橋を渡り対岸の右岸へ、柴島干潟から十三干潟に向かうコースがあります。

コース:河川敷・高低差:ほとんど平坦・トイレ:あり・弁当:不要

写真はクリックすると拡大して見ることができます。

淀川定例探鳥会(5月)のお誘い 印刷用

5月の淀川定例探鳥会は長柄橋で淀川右岸へ渡り、柴島干潟周辺を探鳥します。

淀川沿いに群生したアシ原では、オオヨシキリがアシの先に止まって大きな声で囀り、セッカは頭上を囀りながら飛ぶ姿が観られます。また、長柄橋周辺では外来種のハッカチョウが観られます。

柴島干潟では現在渡りの途中のシギ・チドリ類、サギ類やコアジサシが観察出来ると思われます。特にシギ・チドリ類は種によって体の大きさや嘴の形の違い、餌の取り方を観察してみましょう。

※正午で終了(解散場所:新淀川大橋付近)しますが、近くに飲食をする店舗等がありませんので、お弁当持参をお勧めします。また、日蔭になる場所があまり有りませんので水分補給等暑さ対策を整えて下さい。

初心者でも安心して参加できますので、皆様のご参加をお待ちしています。

淀川定例探鳥会リーダー 一同

毛馬の淀川大堰 (淀川にも堰があります。)

淀川定例探鳥会
(第3日曜)

探鳥会報告・記録

2019年度案内(WEBサイト)

2018年度案内(WEBサイト)

2017年度案内(WEBサイト)

2016年度案内(WEBサイト)

2019年度案内(印刷用)

2018年度案内(印刷用)

2017年度案内(印刷用)

2016年度案内(印刷用)

inserted by FC2 system inserted by FC2 system p