「牧野」定例探鳥会のお誘い

淀川北部牧野河川敷の野鳥

大阪府北東部を悠々と流れる淀川、その上流左岸、枚方市側の河川敷が探鳥会のコースです。

淀川本流には カモやサギなど水辺の鳥、対岸高槻市側に鵜殿広がるヨシ原や、河川敷の牧野ゴルフ場にはホオジロ・モズなど 草原の鳥、そして鳥たちが食べることで分散した液果、センダンなどの木々が大きく育って林となり、シジュウカラなど林の鳥を中心に、四季折々に観察できる鳥の多く、大阪支部の探鳥会では最も数多く鳥が観察できる探鳥地となっていました。

しかし牧野周辺も、いよいよ樹木伐採が始まることになりました。伐採されたら鳥の休む木が全くない所のため、①コースから川が良く見えるのでカモの仲間、②草原の鳥が増えてくれると目論見通り、ですが③林の鳥はいなくなります。

林の渡り鳥を楽しめるのは今年まで。今後20年程は期待出来なくなる可能性大です。

牧野の6月4日の案内 印刷用

淀川河川敷は鳥の繁殖期、オオヨシキリ・セッカ・ウグイス・ホオジロ・キジなどの草原の鳥、シジュウカラ・コゲラなど林の鳥が繁殖中、そしてチョウゲンボウも下流・枚方大橋で繁殖したようです。

1.先月(5月)の探鳥会から

快晴の探鳥日和、コース両サイドの林や・ヨシ原の中からウグイス・シジュウカラ・オオヨシキリなどのさえずりが続いた。林で休んでいた渡り鳥は思いのほか少なく、キビタキ・センダイムシクイ・エゾムシクイが出たのみだった。しかし、ゆっくり羽ばたきと滑空を繰り返しながら飛びまわり遠くのマンションの屋上に止まったチョウゲンボウ、そしてアマサギ11 羽の群、ユリカモメ40羽の群など、上空を飛ぶ鳥を楽しんだ。

2.今月紹介する鳥はチョウゲンボウ

チョウゲンボウ


これまで、牧野探鳥会で何度もチョウゲンボウの姿を見ていますが、何処で繁殖しているかわかりませんでした。今年は淀川下流の枚方大橋で繁殖し、バードウォッチャーやカメラマンが多数集まったようです。

左のチョウゲンボウ記録図は今年3 月発行の「大阪府鳥類目録2016」より抜粋したものです。目録131ページの繁殖期データ(5/20~7/20)、牧野を含む地域=1/25000 地図「淀」でも繁殖Aとして確認されていますが、高槻市側だったのでしょうか?

(写真 170529 神戸徹氏)

3.自転車にぶつからないように

牧野探鳥会は他の探鳥地に比べ鳥が多いけれども、探鳥コースに「トイレが無い・自転車が危ない」の二重苦が、アキレス腱になっています。

特にサイクリング車が一日数百台、猛スピードでひっきりなし、ぶつかると怪我をして痛い目に合うのはバードウォッチャーです。

前後左右に目を配り、「自転車から自分を守る」ようお願いします。

牧野定例探鳥会
毎月第一日曜日

集合場所の写真

担当ボランティア

担当:
牧野定例探鳥会リーダー一同

探鳥会報告

2017年度配布資料

2016年度配布資料

2015年度配布資料

2014年度配布資料

inserted by FC2 system