「牧野」定例探鳥会のお誘い

淀川北部牧野河川敷の野鳥

大阪府北東部を悠々と流れる淀川、その上流左岸、枚方市側の河川敷が探鳥会のコースです。

淀川本流には カモやサギなど水辺の鳥、対岸高槻市側に鵜殿広がるヨシ原や、河川敷の牧野ゴルフ場にはホオジロ・モズなど 草原の鳥、そして鳥たちが食べることで分散した液果、センダンなどの木々が大きく育って林となり、シジュウカラなど林の鳥を中心に、四季折々に観察できる鳥の多く、大阪支部の探鳥会では最も数多く鳥が観察できる探鳥地となっていました。

しかし牧野周辺も、いよいよ樹木伐採が始まることになりました。伐採されたら鳥の休む木が全くない所のため、①コースから川が良く見えるのでカモの仲間、②草原の鳥が増えてくれると目論見通り、ですが③林の鳥はいなくなります。

林の渡り鳥を楽しめるのは今年まで。今後20年程は期待出来なくなる可能性大です。

牧野の7月2日の案内 印刷用

今日は清掃探鳥会 (ゴミ拾いながら、探鳥コースを歩きます)

7月、牧野周辺で生まれた鳥の幼鳥が独り立ちする頃、親たちは一年間使って傷んだ羽を脱ぎかえる換羽に入っています。換羽中は外敵に襲われたとき、とっさに逃げることができないので、外敵に見つからないよう静かにしていることが多く、鳥の観察がしにくい季節です。

日本野鳥の会大阪支部では鳥が観察しにくい7月定例会を、探鳥地のゴミ拾い=清掃探鳥会として開催しています。ご協力いただきたく、よろしくお願いします。(清掃探鳥会は会員・非会員とも無料)

1.先月(6月)の探鳥会から

この時期としてはさわやかな風が吹き、絶好の探鳥日和でした。

コースではシジュウカラ・ウグイス・オオヨシキリ・ホオジロなど、さえずりが切れ目なしに続き、少数ながら、キジ・セッカ・ヒバリも出てくれた。そして今日のメインゲストはホトトギス、「特許許可局」の歌声を堪能した。

スズメは人の顔色がを見ながら、付かず離れずの距離を保って生活しているが、写真は牧野探鳥会集合時に近づいてきたスズメの幼鳥である。おそらく椅子に座って休んでいる方が、スズメの餌になるパンなどを与えているため、人は怖いということを知らず、人が来ると餌を貰えると近寄ってくるものと思われる。

2.今月紹介する鳥はスズメ

スズメ


今月は牧野探鳥会で毎回観察している鳥、スズメにしました。

スズメは人の顔色がを見ながら、付かず離れずの距離を保って生活しているが、写真は牧野探鳥会集合時に近づいてきたスズメの幼鳥である。おそらく椅子に座って休んでいる方が、スズメの餌になるパンなどを与えているため、人は怖いということを知らず、人が来ると餌を貰えると近寄ってくるものと思われる。

日本全国で減っているといわれているスズメ、このように身近に観察できるので、減ったことを意識することなく過ごしているが、実際はどうなのだろうか。

スズメ幼鳥(牧野駅西側広場)170604

3.自転車にぶつからないように

牧野探鳥会は他の探鳥地に比べ鳥が多いけれども、探鳥コースに「トイレが無い・自転車が危ない」の二重苦が、アキレス腱になっています。

特にサイクリング車が一日数百台、猛スピードでひっきりなし、ぶつかると怪我をして痛い目に合うのはバードウォッチャーです。

前後左右に目を配り、「自転車から自分を守る」ようお願いします。

牧野定例探鳥会
毎月第一日曜日

集合場所の写真

担当ボランティア

担当:
牧野定例探鳥会リーダー一同

探鳥会報告

2017年度配布資料

2016年度配布資料

2015年度配布資料

2014年度配布資料

inserted by FC2 system