「牧野」定例探鳥会のお誘い

淀川北部牧野河川敷の野鳥

大阪府北東部を悠々と流れる淀川、その上流左岸、枚方市側の河川敷が探鳥会のコースです。

淀川本流には カモやサギなど水辺の鳥、対岸高槻市側に鵜殿広がるヨシ原や、河川敷の牧野ゴルフ場にはホオジロ・モズなど 草原の鳥、そして鳥たちが食べることで分散した液果、センダンなどの木々が大きく育って林となり、シジュウカラなど林の鳥を中心に、四季折々に観察できる鳥の多く、大阪支部の探鳥会では最も数多く鳥が観察できる探鳥地となっていました。

しかし牧野周辺も、いよいよ樹木伐採が始まることになりました。伐採されたら鳥の休む木が全くない所のため、①コースから川が良く見えるのでカモの仲間、②草原の鳥が増えてくれると目論見通り、ですが③林の鳥はいなくなります。

林の渡り鳥を楽しめるのは今年まで。今後20年程は期待出来なくなる可能性大です。

牧野の10月7日の案内 印刷用

1.先月9月探鳥会

秋の到来を告げるモズの高鳴きを何回か聞くことができたが、残暑厳しい一日でした。コースに樹林が少なくなったもののシジュウカラ・エナガなど林の小鳥、そして一部の方はキビタキ・エゾビタキの渡り鳥を観察された。総じて鳥が少ない中、最後にオオヨシキリの「ギョギョシ・ギョギョシ」と、カワセミで盛り上がった。

2.今月の鳥はノビタキ


例年牧野探鳥会の10月はノビタキ観察月、ノビタキを見たいために牧野パークゴルフ場入口駐車場周辺の草原まで500m ほど往復(回り道)を「ノビタキコース」と呼んで足を延ばしている。今月もこのコースで、クズの原っぱから顔を出した灌木の天辺や、草丈の高いヨシの穂先などに止まるノビタキを観察したいと思っている。

3.自転車に十分注意を

牧野探鳥会は他の探鳥地に比べ鳥が多いけれども、探鳥コースに「トイレが無い・自転車が危ない・日陰がない」の三重苦があるコースである。特にサイクリング車が一日数百台、猛スピードでひっきりなしであり、ぶつかると怪我をして痛い目に合うのはバードウォッチャーである。前後左右に目を配り、「自転車から自分を守る」よう充分ご注意下さい。

4.次回11 月4日(日)はカモを楽しみに

11月になると冬鳥の先発隊が到着する。カモの仲間や、ジョウビタキ・ツグミなどの小鳥が次々に渡ってきて、日に日に鳥の種数・個体数が増えているので、どんな鳥に出会えるか楽しみに探鳥会を開催したいと思っている。

・月日:11月4日(第1日曜日)

・集合時間と場所は今日と同じ

5.探鳥会の集合場所変更について、ご意見をお願いします

淀川ゴルフ場の本流側の約3 ㎞の樹林が伐採されたことから集合場所やコースの変更を検討します

詳細は印刷用資料を参照ください

牧野定例探鳥会
毎月第一日曜日

集合場所の写真

担当ボランティア

担当:
牧野定例探鳥会リーダー一同

探鳥会報告

2018年度配布資料

2017年度配布資料

2016年度配布資料

2015年度配布資料

inserted by FC2 system