植物観察会+α  平成29年(2017年)2月28日(水) 自由参加

橿原神宮の森(植樹70年)+今井町(町並み)

  • 万博公園は植樹されて45年、それより前に植えられた樹林がどこにあるかを調べた所、橿原神宮の森(70年)、明治神宮の森(90年)、京都御苑(120年)などがあると分かりました。
  • 橿原神宮の森の広さは約100,000平方メートル、昭和15年の紀元2,600年祭を記念して全国各地から寄進されたカシワ、クスノキ、シラカシ、マツ、キンモクセイなど、450種以上、約150,000本の樹木が植えられ、深い常緑樹の森となりうっそうとしています。
  • 橿原神宮、そしてすぐ北側にある神武天皇陵・綏靖天皇陵などを参拝した後、江戸時代のまま残された屋敷町で、時代劇の撮影などにも使われる「今井町」の町並みを散策します。今井町は平成5年に「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けています。。
開催場所
橿原神宮
開催日
2017年2月28日(火)
集合:
9:40 近鉄南大阪線橿原神宮前駅中央改札口
交通:
* 近鉄南大阪線阿倍野橋駅8:50発吉野行急行乗車、橿原神宮前駅9:29着が便利です。
* 集合場所は、飛鳥・甘樫丘方面の東改札口ではありませんので、ご注意ください。
解散:
15:00頃 近鉄大阪線大和八木駅付近の予定
持ち物:
*双眼鏡、あればルーペ・樹木図鑑・弁当。
参加費
会員100円、非会員200円(別途、カラーコピー資料代として100円お願いします。)
雨天の場合
原則として集合時に決行か中止かを判断します。
ただし、気象警報および雷注意報発令時は、無条件で中止します。
                                                                                          

担当ボランティア:平 軍二

※カラーの資料を準備します。資料過不足の無駄を避けたいので、参加される方は、連絡くださると幸いです。

メールの場合
電話の場合:090-6901-1425

inserted by FC2 system