一般探鳥会の報告:平成30年(2018年)度

一般探鳥会(自由参加)飛鳥/石舞台・祝戸(9月1日)/天候:曇り 参加者4名/観察種数28種/鳥合わせ

~飛鳥/石舞台・祝戸探鳥会に参加して~【報告】伊森 三鈴さん

早朝からの雷と大雨が止んだので、勇んで出かけましたが、電車の中も、橿原神宮駅バス停も、バスの中も、それらしき人の姿はゼロ!石舞台バス停でリーダーの姿が見えたときは、ホッとしました。…で、参加者は私ひとり!!

雨はほとんど降らず、鳥も、結構な数が(28種)出ました。セミに混じってモズの声、出ずっぱりのイソヒヨドリ、セキレイも3種確認できました。しかも、石舞台・祝戸の探鳥会では初めての確認となるサンショウクイが、あちこちでヒリヒリヒリと鳴きながら飛ぶ姿を見ることができました。また、久しぶりのコシアカツバメも確認!! とてもラッキーでした。

リーダーの皆さん、ありがとうございました(^^)。

当日配布資料

参加リーダー:福嵜隆司、泉谷一弘、上村 賢

一般探鳥会(自由参加)牧野ツバメねぐら入り観察会 2018年8月4日(土)/天候:晴れ 参加者32名/観察種数5種/鳥合わせ

淀川対岸の高槻市鵜殿上空を双眼鏡・望遠鏡で見ると無数のツバメによる群舞、その一部は近づいて淀川本流上で宙返り、そして水飲みが繰り返えされた。

30分間のツバメのショウが終わり夜のとばりが下りると、東の空には15年ぶりの大接近で話題の赤い星「火星」、そして西の空に最も明るい宵の明星「金星」、その間に最大の惑星「木星」、(しかも気づかなかったが土星も)並ぶ惑星の列を観察した。

更に淀川下流では「なにわ淀川花火」、尺玉でしょうか、赤黄緑など様々な色に輝く大きな光のボールを見ることができた。

そんな中、唯一残念だったのはカラスウリ、毎年ツバメのねぐら入り前につぼみの場所を確認し、ツバメを見た1時間余り後に、開花しレースを広げている神秘さを観察してきたが、今年は昨年10月台風の洪水により種子が土砂に埋まったと思われ、探しても見つからなかった。

枚方市の最高気温が37℃、観察会スタート時(18時)でも35℃、終了時も32℃と暑い夕にもかかわらず、本部の呼びかけもあり32名(内22名が非会員)も参加されたが、それぞれに楽しんでもらうことができたと思われる。

参加リーダー:平・南・斉藤・西脇・香月

一般探鳥会(自由参加)平成榛原子供の森公園 2018年7月7日(土)/天候:曇り/雨 参加者-名/観察種数-種/鳥合わせ

記録的大雨による交通機関の運休、雨の予報などで、参加者がおいでにならず、中止としました。

現地配布資料

参加リーダー:福嵜隆司、杉本マサ子、泉谷一弘、上村 賢

一般探鳥会(自由参加)高野山転軸山森林公園 2018年6月2日(土)/天候:晴れ/参加者57名/観察種数-種/鳥合わせ

~高野山探鳥会に参加して~U.H.さん

約2年前、観光目的で高野山を訪れた時、家族へ のおみやげとして「ブッポウソウサブレ」を購入しました。 探鳥をしていなかった私は 「高野山にはブッポウソウがいるから、おみやげになっている」 と何の疑いもなく信じていたので、事実を知った時はショックでした。
しかし今回の 探鳥会で、ブッポウソウはいなくてもたくさんの魅力的な鳥がいることを知りました。 しかも この時期にキクイタダキがいるのは「亜高山」だからとのこと。ゴジュウカラ、ヒガラ、ミソサザイにも初めて出会えて大興奮。ミソサザイは巣材(コケ?)集めの真っ最中で 「尾羽ピン!」も確認できました。
また、視界が開けた場所の電線でウグイスが 丸見え状態でさえずっていたり、木に止まったコサメビタキが聞き慣れない声でずっと鳴いていたり、なかなかの大サービスを受けました。
参道では、ツクツクボウシのモノマネが秀逸なキビタキの姿を確認できたのですが、それを 友人に話すと 「本家には勝てないから、ツクツクボウシがいる時期にキビタキは鳴かないんじゃないか?」 と言われました。(真偽はいかに)
参加された皆様のおかげで、 とても楽しい一日となりました。また次回も参加したいです。

現地配布資料

参加リーダー:福嵜隆司、藤村はるえ、浅野宏幸、泉谷一弘、杉本マサ子、上村 賢

一般探鳥会(自由参加)金剛山 2018年5月20日(日)/天候:晴れ/参加者57名/観察種数-種/鳥合わせ

~金剛山・初夏の探鳥会に参加して~井上智子さん
 

金剛山は、小学校の頃から冬山登山で何度か登っていましたが、大人になってからは一度も訪れたことがなく探鳥会としては念願の金剛山でした。
その日は健脚コース、ガンガンコース、植物コースなどいくつかのグループに分かれて活動し、私はらくらくコースを選びました。私たちのグループでは、杉本リーダーがいち早く鳥を見つけられ、写真に撮って観察するポイントを丁寧に教えていただきました。オオルリ・キビタキ・ミソサザイ・ゴジュウカラ・クロツグミ・コガラほか39種類を観察することができました。
当日は本当に爽やかな陽気で、一面青空でした。今まで参加した探鳥会の中で一番鳥を間近で見られて、鳥のさえずりが聞こえ、本当に充足感のあるひとときでした。今回参加された皆様、スタッフの方々楽しい探鳥会をありがとうございました。

現地配布資料

参加リーダー:福嵜隆司、藤村はるえ、浅尾和己、泉谷一弘、杉本マサ子、上村 賢

一般探鳥会4月7日(土)飛鳥・キトラ/高松塚 キジ・ケリ・ヒバリ/天候:曇り/参加者50名/観察種数37種/鳥合わせ

~飛鳥/キトラ・高松塚探鳥会に参加して~福嵜 安子さん
 

自然の中を歩くことは好きで、探鳥会にも主人によく連れて貰っていましたが、野鳥にはなかなか興味が持てずにいました。ところが先日のテレビでエナガ団子を観てから、あまりの可愛さに引き寄せられ、興味を持って見始めたところです。

今日の飛鳥は風が強く冬のような寒さでしたが、そんな中でも風に揺れる枝先でエサを夢中で探すニュウナイスズメや農耕地にじっと佇むキジやケリ。望遠鏡で見せてもらうとまったく違う感覚がしました。

最後にとっても綺麗な青い鳥オオルリが枝から枝へチョコチョコしていました。遥か南の国から渡って来たばかりだとリーダーに教えてもらい、その強さと色鮮やかさに、さらに引き込まれたような気がします。

初めて訪れたキトラ古墳で歴史に触れることもでき、楽しい一日を過ごすことが出来ました。これからの季節、夏鳥がたくさん訪れるそうです。パワー溢れる小鳥たちを、また覗き見しに参加したいと思います。

現地配布資料

参加リーダー:福嵜隆司、藤村はるえ、泉谷一弘、浅野宏幸、鵜瀬麻弥、鵜瀬由美、上村 賢

inserted by FC2 system inserted by FC2 system